合宿免許の情報が満載!

合宿免許に夏休みを利用して予約して参加する

合宿免許に夏休みを利用して予約して参加する 合宿免許のシーズンで代表的な時期は夏休みがあります。
長期休暇があれば友達と一緒に合宿免許を申し込むことができますし、より有意義な夏休みを過ごすことができます。
しかし、このシーズンはたくさんの人が免許取得をしようと希望しているので混み合う時期でもあります。
従って夏休みはオンシーズンになりますが、費用の相場は23万円から27万円となります。
オフシーズンに比べて割高となります。
しかし、合宿免除は申し込みの方法やプランの設定によってかなりお得に利用することも可能です。
教習所によっては割引プランや観光特典がついたプランも用意しています。
割引があるものやキャッシュバックなどをうまく利用して安く利用することもできますし、それも踏まえて合宿しながらどれだけ楽しい時間を過ごすことができるかも参考にします。
申し込み方法は早めに申し込むことが基本となります。
早期で申し込むと早割特典がつくことも多々あります。
申し込みが殺到する直前よりも少し早い5・6月に申し込むと良いかもしれません。
予約を直前に行うことも不可能ではありませんが、すぐに予約が埋まってしまうことを考慮して免許取得に関しての予定を組む必要があります。

合宿免許に夏休み期間で参加して楽しく過ごす

合宿免許に夏休み期間で参加して楽しく過ごす 夏休み期間で行う合宿免許では、免許取得と夏のバカンスを両方実現することを目的に選ぶと良いです。
教習所によって、合宿免許のプランは様々です。
学生にとって友人と一緒に参加することもできますしかなり効率の良いシステムかもしれません。
このシーズンは大変混み合う時期でもあり、料金が高くなったりする可能性もあります。
相場は約23万円から27万円で、オフシーズンよりも若干割高となります。
しかし、申し込み方法や合宿免許プランによってはかなりお得に利用することもできます。
例えば、早期予約で割引されたり、観光特典がついていたりキャッシュバックなどがあります。
これらを上手に利用して行くと同時にどれだけ、その場所で夏休みを楽しく過ごすことができるかを考慮しながら選ぶことになります。
温泉地の周辺であれば、いつでも入れる入浴券などが含まれていることもあります。
この場合、夏休みに温泉などへ行こうと思っている人にはとてもあったプランとなります。
その他にはエステ無料体験やケーキバイキングのチケットが含まれているプランもあります。
女子同士での旅行を計画している人にはこのようなアクティビティを楽しみながら免許も取得できるという形になります。

夏はメリットが沢山

今年の夏合宿免許に参加して免許を取得したいという方は大勢いらっしゃるでしょう。合宿型の免許取得が人気の理由は、短期に集中して免許を取得することができるという点あります。ただ、今日の大学生の傾向としましては、オートマ車の方がマニュアル車に比べて圧倒的に多いのが特徴です。
なぜならば、オートマ車の方が費用が安く、また車の運転がしやすいために取得を希望する人が圧倒的多数だからです。それでも夏休みの長い休みを利用して合宿免許を取得するに当たっては多くのメリットを享受することができます。まず、全体的に必要な費用が安いのが特徴です。合宿にかかる費用は大体20万円から20万円前半だと言われています。教習所へ通うタイプだともっと費用がかかるのでかなりおすすめです。また、合宿免許には多くの若者が来ていることもあって出会いが多いのも魅力です。合宿免許で知り合った人とずっと仲良く付き合ってるなんて人も多いようです。

オートマ車の合宿免許とは

大学生は忙しいので、夏休みの長期休暇を利用して合宿免許を取得する方が多いです。自動車普通免許は就職の際にあったほうが良いとされる資格で、誰でも講習を受ければ取得することができる一般的な資格の一つです。今では性別問わずに学生の間ではオートマ車の免許取得が当たり前となっています。
それもそのはず、車もオートマ車が主流となっているので、あえてマニュアルを取りたいという人は減少傾向にあるからです。さて、夏休みを利用して合宿免許に参加すれば、大体1ヶ月未満で免許を取得できてしまいます。その間ホテルなどの宿泊施設と教習所の往復という単調な生活になりがちですが、友だちを誘って合宿免許に参加すれば、ひと夏の楽しい思い出とともに免許を取得できるとあって大学生に人気なプランなのです。おまけに、普通に教習所に通うよりも安く免許が取得できてしまうのでお財布にも優しいのが魅力です。AT車の方がかかる費用が安くなっています。

路上運転も学べる

合宿免許は普段とは違う場所に2週間から3週間ほど住み込んで、運転技術を学べます。
そのため夏休みなどを利用して免許を取得する人も多く、路上運転などカリキュラムもしっかりと組まれているので流れにそって勉強が出来ます。
本当にそんな短期間で運転免許が取れるのかと感じますが、通学だと一般的に2ヶ月から3ヶ月かかりますが、合宿は次の教習まで間を開けることなく毎日学べます。
短期集中で運転技術を習得出来て忘れる心配もありません。
よく通学は予約が取れずに次の教習まで1週間以上空くこともあり、何日も空くと運転感覚を忘れてしまうこともあります。
マニュアルだと半クラの動作など感覚で覚える必要がありますが、日にちが経過するほど忘れやすいです。
毎日学べて時間が開かない合宿免許だと効率よく無駄なく運転技術を習得可能です。
友達が出来るかなど心配になりますが、大学生など若い人が集まりやすく年上でも相部屋だと何日も共に過ごすので、簡単になりやすいです。
一人で参加している人も多く人見知りでも仲良くなりやすく、寮は男性女性別々なので安心です。

夏休みの道路状況

合宿免許に夏休みプランを利用して参加する人は少なくありません。
特に学生であれば、夏休みの旅行を兼ねて参加することもあり一つの大きなイベントとも言えるかもしれません。
教習所によって様々なプランが用意されていて、温泉地では温泉に無料で入れたり、エステや食べ放題のレストランが利用できることもあります。
そして、食事は支給してくれることもありますが自分たちで自炊をして食事の時間を過ごすこともあります。
これらは、人生の中でも大きな思い出となるかもしれません。
この時期は、出かける人も多く道路の混雑が考えられます。
このような道路の混雑はいつも同じではなくオフシーズンになると混雑していないこともあり合宿免許に参加した人の中には少し戸惑いを感じてしまう人もいるかもしれません。
しかし、1日の中でも午前中と午後では混雑状況は全くと言っていいほど変わってきます。
従って、様々な時間帯に車に乗り色々なシチュエーションを知っておくと良いかもしれません。

合宿免許の最短期間

自動車教習所を卒業するには、法により定められたカリキュラムをこなさなければなりません。
普通車の場合、1段階はM学科10時限に加え技能をMT15時限・AT12時限履修する必要があります。
2段階に入ると、学科16時限、技能はMT・ATともに19時限必要です。
また、1日に受講できる技能教習の時限数には限りがあり、1段階は2時限・2段階は3時限となります。

合宿免許の場合、効率的にカリキュラムを消化できるようにスケジュールが組まれており、上記の決まりを満たす最短期間はATで14日間(13泊14日)・MT16日間(15泊16日)です。
ただし、間に休みが入ることもあり実際にはもっと長い日程になっていることも多いでしょう。

なお、合宿免許のスケジュールはあくまで何も問題なくスムーズに消化できることが前提です。
修了検定や卒業検定に落ちて再受検をする必要ができたときなどは、どんどん日程が延びる可能性があります。

関連サイト

合宿免許

新着情報

◎2021/8/26

情報を追加しました。

> 夏はメリットが沢山
> オートマ車の合宿免許とは
> 路上運転も学べる
> 夏休みの道路状況
> 合宿免許の最短期間

◎2021/7/15

サイト公開しました